地球温暖化の国際交渉をフォローしたいところです


by togura04

選挙=政変の日に

2009-08-31 21:24  初出

 日本の政変は海外から注目されています。温暖化との関連だけでも4件。
Japan's election brings new momentum
http://en.cop15.dk/news/view+news?newsid=1990

Swedish EU Presidency welcomes Japanese power shift
http://en.cop15.dk/news/view+news?newsid=2007

Looming Election Could Strengthen Japan's Climate Policy
http://www.nytimes.com/cwire/2009/08/28/28climatewire-looming-election-could-strengthen-japans-cli-98784.html

Japan's Yukio Hatoyama and Climate Change
http://www.worldchanging.com/archives/010421.html


 日本の国会議員たちが地球温暖化の問題をどれだけ理解しているでしょうね。
新たな最大勢力の民主党でいえば、現職が110名余、元職50名余、新人は140名ほどです。

ほぼ半分が新人ですから一からロビー活動をする羽目になるわけですねー。
 しょうがないので、国会議員のメールアドレス宛に、過去記事の紹介などをシコシコ送っていこう、と思っています。

過去ブログ『温暖化いろいろ』
http://sgw1.seesaa.net/
過去ブログ『ん!ピークオイル時代を語ろう』
http://sgw2.seesaa.net/
本ブログ『京都議定書の次のステップは何だろう』
http://sgw1.exblog.jp/

などの中から、印象に残るものを送って、政権の枠組みが定まる手持ち無沙汰のしばらくの時期、お勉強をしていただこうと思います。

9月2日追記:
以下のダイレクトメールを延べ233名の民主党衆院議員に送りました。エラーが戻ってきた24名の方にも送りたいなあ。後日参院議員の方にも送りまーす。
---
前略

 メールアドレスのわかる民主党衆議院議員のみなさまにお送りさせていただきます。

 外交日程としては、96日後、12月のコペンハーゲンCOP15会議を控えて、9月のG20と国連総会および国連事務総長主催の気候変動特別会合の場で、鳩山新首相の地球温暖化に対する方針が国際社会から評価されます。

 COP15が失敗に終わらないための抜本的な温暖化対策を日本政府が提案できるよう、民主党の国会議員の皆さまの中で議論が行われ、方向性を共有されることを期待しています。

 その議論のために「なぜ温暖化対策名目でのピークオイル対策が必要か」という観点の以下のQ&A資料をご一読いただければ幸いです。産業界内官僚=日本経団連さんの反対を押し切る一助になるものです。

・「ピークオイルQ&A」(pdf文書)
http://www.pwblog.com/user/SGW/files/POQ_A.pdf

 またピークオイル論に基づいた「グリーン・ニューディール政策」の分析も紹介いたします。
・国内外のグリーン・ニューディール政策の動向について
http://www.pwblog.com/user/SGW/files/GND.pdf

同趣旨の米国NGOからの政策提言も参照ください。
・ポストカーボン研究所による政策提言「真のニューディール」日本語版
http://www.pwblog.com/user/SGW/files/realnewdealJ.pdf
                          草々
---
以下、Q&Aのテキスト版をおいておきます。



 ピークオイル Q&A
松山ピークオイル問題を考える会
SGW
http://oguogu.iza.ne.jp/blog/
http://sgw1.wiki.fc2.com/

- - -

1.そもそもピークオイルの何が問題?
2.市場メカニズムが救いとなるのでは?
3.増産すればぼろ儲けできたはずなのに、なぜ抜け駆け増産する国、企業がいないのか?
4.技術革新が救ってくれる?
5.環境保護派にとってピークオイルの利点は何だ?

- - -

1.そもそもピークオイルの何が問題?
• 石油は有限な枯渇性資源、石油供給量は釣り鐘曲線を描いて枯渇に向かう
• 問題なのは、んの字形が示す需給ギャップの拡がり

- - -

「ん」の字グラフ
f0203461_15213528.jpg


- - -


• ピーク前は石油の需要量と供給量は同じペースで増加し続けてきた。(当り前)
• 右肩上がりの需要に供給側が追いつけなくなるのが、ピーク時代

- - -


• 石油時代後半期には前半期と違い、恒常的に需給ギャップができる
• 実はローマクラブ「成長の限界」もこの時期を2000年頃と指摘していた。問題を再発見したのに過ぎない。

- - -

2.市場メカニズムが救いとなるのでは?
• 問題は、埋めるべき需給ギャップの規模とタイミング
• 2005年の米エネルギー省ハーシュレポートによれば、ピークの20年前にあらゆる代替案へ大々的な投資を始めておけば、全部併せて混乱なく新エネルギーに転換できる。

- - -

米エネルギー省の要請でハーシュらがまとめた報告書。2005年2月発表
「世界的な石油生産ピークについて:その衝撃、緩和、そしてリスク管理について」
http://www.netl.doe.gov/publications/others/pdf/Oil_Peaking_NETL.pdf
これまでにないリスク管理問題である。実効性のある緩和策は存在するが、 ピークが訪れる前、少なくとも10年以上前に取り組みを始めなければならない」

- - -

2.市場メカニズムが救いとなるのでは?
• しかし、現在は石油がもっとも使いやすい。今そんな競争力のない代替エネルギーへ大々的な投資をするバカは誰?
• EUと米国であって、断じて日本ではない そう、 中国も始めたの・・・

- - -

産油国の通貨を含めて表示しても、原油価格は高騰し続けているにもかかわらず、原油生産量は2005年に頭打ちし、それ以降増産できていない
3.増産すればぼろ儲けできたはずなのに、なぜ抜け駆け増産する国、企業がいないのか?
• 「今がピークオイル時代だから」はその有力な答え

- - -

石油生産量の実績と予測
 The Oil Drum: Peak Oil Update より
http://www.theoildrum.com/node/5521

- - -

外国の政治家の発言
• 06/4クラークNz首相 "We're probably not too far short of peak production, if we're not already there."
• 06/6アル・ゴア元米副大統領 "We are either at or nearing, so-called peak oil."
• 07/6バイデン上院議員 "We have to understand how weak Iran is. They import almost all of their refined oil. By 2014, they are going to be importing their crude oil."
• 07/12グリーンスパン元FRB議長 "global oil supply peaks lower and sooner than had been contemplated earlier."

- - -

外国の政治家の発言
• 08/3チェイニー米副大統領"One of the problems we've got now obviously is that there is not a lot of excess capacity worldwide."
• 08/4アブドラサウジ国王"When there were some new finds, I told them, 'no, leave it in the ground, with grace from god, our children need it',"
• 08/5ユドヨノインドネシア大統領the government had begun talks as to "whether we should continue to stay with Opec or withdraw our membership"

- - -

外国の政治家の発言
• 08/7ブラウン英首相 "The global economy is facing the third great oil shock of recent decades. It is the market's belief that ever-growing demand will continue to outstrip
supply that has pushed up the oil price. And we are becoming increasingly aware of the technical, financial and political barriers to the production of more oil."
• 08/12オバマ米次期大統領 "the future of our economy and national security is inextricably linked to one challenge: energy." "yet our dependence on foreign oil has only grown, even as the world's resources are disappearing."

- - -

4.技術革新が救ってくれる?
• 「わが国は夢の原子炉、高速増殖炉の2050年商用化を目指して着々と研究開発を進めていきます・・・」
• 「核融合もやっとりま・・・」
• 絵に描いた餅は食えない。問題は実用化のタイミング

- - -

4.技術革新が救ってくれる?
• いつがピークオイルの時期なのか、確かに分かってさえいれば、その20年前までは技術開発を粘るんだけどネ・・・

- - -

R.ハインバーグ:ピークオイルと気候変動の運動に橋を掛ける より
 ”ピークオイル論者にとっては、すでに国際政治のアジェンダに乗っている温暖化問題から助けを得られれば得になるだろうことは明らかだ。
5.では環境保護派にとって、ピークオイルの利点は何だ?

- - -

R.ハインバーグ:ピークオイルと気候変動の運動に橋を掛ける より
• -「モチベーション」だ。
• ピークオイル問題はより緊急な自己防衛上の懸念である。
• 豊かな社会で持続可能性と倫理のみを人びとに求めるのは難しいが、燃料不足と高騰で困難に直面している人びとからは、幅広い教育とキャンペーンを通じて支持を集めることができるだろう。”

- - -

Cool Earth 50の地球温暖化対策を実現する道
1.成り行きシナリオのままでは大幅な増加となる
2.2050年に半減するためのタイミングで引っぱれば、成り行きシナリオの慣性が効くため大曲りコースを通る
3.間近なピークオイル危機をテコの支点として使えば、早くからコースを変える大転換が正当化できる

- - -

Peak Oil Review 今週の注目発言より
• 「我が国が直面している大きな問いとは、はたして残りの富と化石燃料を、過去につっかい棒をするために使うのか、それとも異なる未来への変化のために使うのか、だ。」
 Carl Etnier, Energy Matters column (08/9/29)
 日本の官僚にはこの「ピークオイル危機」対応という視点がないが、一斉首切りをされても不思議ではない怠慢。

- - -

おしまい
[PR]
by togura04 | 2009-09-02 16:43 | 国内方針