地球温暖化の国際交渉をフォローしたいところです


by togura04

政権交代で時代は変わったものだ、環境NGOの政府代表団参加

、、と思える出来事がこれです。

NGOがCOP15政府代表団に 政権交代で実現
2009/12/08 10:14 【共同通信】
---
 【コペンハーゲン共同】気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)が開幕した7日、日本の非政府組織(NGO)メンバー2人が日本政府代表団に参加した。地球温暖化対策の次期枠組みの交渉としては初めて。

 NGO側によると、自民党政権時代から枠組み交渉への代表団入りを求めていたが認められず、民主党への政権交代で実現。現場で環境問題に取り組むNGOの声を政府代表団の一員として直接伝える。

 代表団入りしたのは、NGO気候ネットワークの平田仁子さんと世界自然保護基金(WWF)ジャパンの山岸尚之さん。政府関係者向けの通行証が与えられ、政府代表団の会議や記者会見に出席できる。

 政府関係者だけの会合への出席や政策決定への直接の関与はできないが、平田さんは「NGOとしての知見から貢献できる部分があると思う」と意気込みを語った。交渉団の一員の政府関係者も「国民とのパイプ役として期待している」と話している。
---

コメント:
 昔を知る身としてはあり得ない出来事ですよねー、政府のお抱えNGOといえるような団体以外の政策提言型NGOメンバーの参加を許すだなんて。

 民主党政権が打つ手としては大ヒットなような気がします。まあ官僚の壁は厚いことと思いますが、折角のチャンスですので活用して欲しいものです。

 各国の環境NGOsの情報ルートというのは、欧米諸国ではやはり政府代表団に入り込んでいるメンバーがいることから、横の連携が取りやすいという、裏ルートとして活用すべきところなので、そのルートも初めて日本政府が持ったことになり、外交的な力になる可能性が出てきました。

 しかし、交渉団の一員ともなれば、山岸さんなりに現場実況のダダ漏れ放送してもらおうという積もりは丸々アテ外れ?じゃないですか。
 それともそうでもないのかな?「国民とのパイプ役」がダダ漏れ放送しないで何をする?
[PR]
by togura04 | 2009-12-08 22:12 | 国内方針