地球温暖化の国際交渉をフォローしたいところです


by togura04

カテゴリ:途上国の動向( 5 )

 この分野のフォローが足りないのはまあ申し訳ないことです。少しずつ集めましょう。

●ブログ『開発と権利のための行動センター』:
「気候変動民衆会議・合意文書 全訳」
http://cade.cocolog-nifty.com/ao/2010/04/post-c4fb.html

●同、「REDDと先住民族」
http://cade.cocolog-nifty.com/ao/2010/04/redd-d582.html
[PR]
by togura04 | 2010-04-29 06:11 | 途上国の動向
 リスボンブリュッセルで、EU首脳会議が開催されていました。

 以前に出てきていた、必要額の試算は了承されたものの、そのうちのEUの拠出分については、合意が取れなかったようです。
ますます合意の可能性は減ってきたような…。

COP15.dk:EU still struggling to reach agreement
http://en.cop15.dk/news/view+news?newsid=2468

USFL:途上国支援額の合意失敗 温室ガス削減でEU首脳
http://www.google.com/url?sa=X&q=http://www.usfl.com/Daily/News/09/10/1030_023.asp%3Fid%3D74572&ct=ga&cd=u6MXnX_s2EU&usg=AFQjCNH1Fg8dZg8Z8cAzgb2HcoHZgk6lSA
”採択された議長総括は、途上国の排出削減には2013年から20年までに毎年1千億ユーロ(約13兆4500億円)が必要で、このうち国際社会は最大500億ユーロを負担する必要があるとしたEU欧州委員会の試算を了承した。”
” 京都議定書に続く温暖化対策の国際的な枠組みをめぐる交渉は難航しており、12月の気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)での新たな議定書の採択は「不可能」(デブア条約事務局長)な状況。EUが途上国支援額で合意すれば交渉の突破口を開くと期待されたが、失敗に終わり、COP15にとって大きな打撃となった。”


●ツイッター雀の言。
Sun, Nov 08
06:35 下手なゴルファー達 RT @WWF_Climate: WWF: #G20 finance ministers fail to reach green on climate financing: St Andrews, Scotland .. http://bit.ly/jOlso

Sun, Nov 08
06:04 途上国への資金問題はいずこ? RT @finance_news: 20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の声明骨子 http://bit.ly/3xej4O #G20

Mon, Nov 02
05:08 NYTimesのEUサミット報告 RT @Greenpeace: E.U. Reaches Funding Deal on #Climate Change - http://tinyurl.com/ycqmxsb #COP15

Sun, Nov 01
11:01 EUは途上国支援の規模について総論賛成、EU分担については結論なしでした http://ff.im/aOmdg

Sun, Nov 01
09:30 今日の新聞を読んでもEUは日和ったようですね。 RT @ronb2345: EU climate deal angers green groups - #Hope2Cope #climatechange http://bit.ly/30kR0r

Sat, Oct 31
07:26 RT @cop15: EU leaders agree on climate funding http://bit.ly/3MLnyc #cop15 #climate

07:04 RT @DMiliband: Very good result at European Council on climate change. Strong lead from Europe. Real emissions cuts, real money.
(えいっ、デビッド・ミリバンドの嘘つき!)
[PR]
by togura04 | 2009-11-01 10:59 | 途上国の動向

G20関連

 資金問題についてのブレイクスルーが期待されたG20でしたが、終わってみるとガックリと言えるほど何も起こらなかったように思います。

ツイッター上のつぶやきより。
http://twitter.com/togura04


果してG20のアジェンダに? RT @TheOilDrum: * Drumbeat: Obama wants worldwide end of fossil fuel subsidies WASHINGTON – Preside.. http://bit.ly/19M5sx

今日明日はピッツバーグサミットです。 RT @g20blog What do you wish to find out via the G20blog Twitter feed? Let us know! #g20pittsburgh #G20

RT @TreeHugger: RT @unic: Panama's President on Climate Change: "Our options are clear: we can talk or we can act" #UN #GA #cop15

マッキベン、オバマ発言を真っ向批判。 RT @postcarbon: PCI Fellow BILL MCKIBBEN bodyslams President Obama: http://bit.ly/4q1HDJ #cop15

ホンマかいな RT @finance_news: 米当局者:世界経済の主要な会合としてG20がG8に代わる http://bit.ly/3x1PHF #G20

議題に上がるのは間違いなさそうですが、どこまで事前の折衝がなされているんでしょうね? RT @cop15: G-20 phase out fossil fuel subsidies http://bit.ly/euOJC #cop15 #climate

RT @ClimateGroup Barroso pre-G20 calls for "credible" but conditional climate financing: "No actions, no money!" http://bit.ly/Xd6lO

本当に無くせるものかなあ? RT @adanao: 訂正:いわゆる再生可能エネルギーへの補助金122億ドル、化石燃料への補助金702億ドル。"Energy subsidies black, not green" http://bit.ly/64Zlq

RT @g20blog: G20 leaders just issued a joint statement at the G-20 Summit in Pittsburgh. http://bit.ly/ZMbSL #g20pittsburgh

RT @Sukeru: ジャンボ旅客機『地球号』は既に墜落しかけているのに、ファーストクラスの手荷物を如何に運び出すかをまだ考えている人たちがいる。国連環境計画の最新報告書発表。http://bit.ly/cDhcm via @addthis #COP15

なにやら残念な話でした。オバマ幻想は本当に色あせてしまった感があります。 RT @finance_news: #G20:化石燃料の補助金「中期的」に廃止-途上国支援は結論先送り http://bit.ly/4ur7Hf #COP15

G20会合失敗を受けて当然の悲観論です。 RT @greenpost: Climate talks resume in Bangkok with deal in doubt-----Google(AP) http://ow.ly/rgfr #COP15

 具体策の提案が無ければ妥結に向かわないと言われてましたからね。 RT @greenpost: G20、温暖化対策は期待外れ 途上国支援を先送り-----asahi.com http://ow.ly/ri7Z #COP15

RT @greenpost: Climate Week in Review-----adoptanegotiator.org http://ow.ly/ri6R

RT @Oxfam Flooding in the Philippines highlights urgency of climate leadership http://bit.ly/CPNNC #G20

The fact is, the news.. is far more positive twd the possibility of agreement than it has been for a decade or longer. http://bit.ly/BJaf3
(前向きな要素を記述して、意思を奮い立たせたものでしょう)

RT @grist: Can there be climate justice? The 50 least developed nations produce 2% of the world's greenhouse gas http://bit.ly/2YqEDi #350

RT @postcarbon: POWERFUL graphic representation of fuel subsidies:
http://bit.ly/1RIKsz
[PR]
by togura04 | 2009-10-01 19:04 | 途上国の動向
ロイター:U.S. and China sign memorandum on climate change
http://www.reuters.com/article/vcCandidateFeed1/idUSN28530225

 このロイター記事によると、「具体的な数値表明はなし、緊密な連携を唄い、定期的に会合を持つ合意がなされた」とのことです。
 米中戦略対話の一部として、火曜日に締結され、ヒラリー・クリントン国務長官が発表したMoU(覚書)の中身です。


シドニーモーニングヘラルド:US, China push issue of climate change
http://www.smh.com.au/environment/global-warming/us-china-push-issue-of-climate-change-20090728-e07g.html
によると、しかし、米国の交渉担当トップのトッド・スターン氏はCOP15の成果に最も強気な予測を語ったとのことです。
”But I do think that we will get there, and I think that there is a lot of interest on the Chinese side fundamentally to arrive at a constructive and successful outcome in Copenhagen.”
[PR]
by togura04 | 2009-07-29 22:44 | 途上国の動向
f0203461_22151956.gif

BBC:Tuvalu vows to go carbon neutral ツバル、カーボン・ニュートラル(炭素中立)を誓う
http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/8158604.stm
という記事がありました。

 ツバルは2020年までに太陽や風力などの再生可能エネルギーのみを使う国になる、とツバルの公益事業(エネルギー?)大臣が誓ったそうです。

 UNEPの広報官Nick NuttallはAFPにこう語った。「ある意味で、これらの国々は、気候変動と戦おうとするのなら動かなければならない方向、中規模国、大経済国が歩むべき道を舗装しているのだ」と。

 一緒に出ていた、UNEP出典の表によると、これまでにカーボン・ニュートラル国になると誓った国は、

コスタリカ
エチオピア
アイスランド
モルディブ
モナコ
ニュージーランド
ニウエ
ノルウェー
パキスタン
ポルトガル

の計11カ国とのことです。

コメント:
 表題のような「カーボン・ニュートラル国」クラブが現在形成されつつあるのだと思います。

 ノルウェーのような産油国に始まり、ポルトガルのようなEU内の先進国が誓うことは重要ですし、太平洋の島国先進国ニュージーランドが提唱するのもありがたいことです。
 とともに、ツバルやニウエ、モルディブといったほんとうにCO2を出している世界の中での比率がわずかで、温暖化にはまるで寄与していない小島嶼国の国々が、温暖化の被害を受ける一方という関係であるのにも関わらず、カーボン・ニュートラルとするほどの緩和策に資源をつぎ込むということは、まさに彼らこそ、温暖化対策を先導するリーダーと呼ぶべきでしょう。

 小さな国がユニラテラルな行動をすることの意味は、もちろん対策を怠っている先進国に道義的な責任を呼び覚ますことの他にもう一つ、ピークオイルが引き起こす経済への悪影響を避けるという視点で意味があるといえるでしょう。
スウェーデンは2020年の脱石油社会をめざす
Nzクラーク首相、ピークを認めるby『南十字星通信』

ちなみに、
 カーボン・ニュートラルという言葉は、これまでは、バイオマス由来の燃料が、大気と植物生態系の間をCO2が循環するため原理的に地下から化石燃料を取り出さないですむことから温暖化を悪化させない、というバイオマス燃料の特性をカーボン・ニュートラルと表現していました。

 あるいは、カーボンオフセットを用いるプロジェクトによって会社単位で完全に事業に伴う排出をオフセットした場合にカーボンニュートラルを宣言するという場合に使われていました。

 しかしこれからは、国全体の枠の中で、自然の吸収源で完全にオフセットされる排出量に、国内の排出を限定したことを指す言葉になるのではないでしょうか。その先に見えるのは、「カーボン・マイナス」の世界でしょう。仮に大気中CO2濃度の389ppmという現状から350ppmへの道を辿るためには、すべての国が「カーボン・マイナス」となることを目指す必要があります。

リンク紹介
モルディブ 世界初のカーボンニュートラルな国になります
http://www.thinktheearth.net/jp/thinkdaily/news/news-detail-655.shtml
ノルウェーがカーボンニュートラルを目指す
http://www.nikkeibp.co.jp/news/eco07q2/532486/
[PR]
by togura04 | 2009-07-20 22:21 | 途上国の動向