地球温暖化の国際交渉をフォローしたいところです


by togura04

<   2009年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 日本版は、環境大臣の私的文書?の形で公表されました。
本文表紙には、

平成21 年4月20 日
環境大臣 斉藤鉄夫

 とありますから、政府そのものというより発行主体である環境大臣による私的な意思の表明で終わってしまったとみなすべきでしょうねえ。

・(お知らせ)「緑の経済と社会の変革」について
  http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=11063

・同本文
「緑の経済と社会の変革」本文

 日本版グリーンニューディールで問題なのは、・・・
 すでに4月9日に史上最大の景気刺激策が出されてしまった後ですので、その中には盛り込まれないで概念の提案だけで終わってしまった項目がほとんどだったということです。 (それとも、これ以上の景気刺激策(第二次補正予算の第5弾ロケット)を後で出すつもりなんでしょうか?まさかね。)

本文末尾より

むすび
 この緑の経済と社会の変革は、国民の皆様や有識者のご意見を踏まえて作成したものです。今後、関係各省にも働きかけつつ、国民の皆様とともにこの変革を実現するべく、ここに記述した取組を進めていきたいと考えています。
 なお、この緑の経済と社会の変革は、平成21 年4 月の社会状況を踏まえて作成したものですが、今後、社会状況の変化に合わせながら新たな施策にも積極的に取り組んでいきたいと考えています。


 ちなみに、これより前に
 「国内外のグリーン・ニューディール政策の動向について」
という原稿を作っています、どうぞご覧ください。
2009年版環境自治体白書「「グリーン・ニューディール」で持続可能な社会をつくろう!」に掲載した記事の原稿段階のものです。)

4/23追記:
 この文書に対する環境NGO・気候ネットワークとしてのコメントが出ています。
http://www.kikonet.org/iken/kokunai/archive/pr20090423.pdf

ブログ:サステナ・ラボ
「グリーン・ニュー・ディールの行き先は?」
[PR]
by togura04 | 2009-04-21 23:54 | 国内方針
 という記事が、共同通信で配信されています。

米、京都議定書に復帰せず 次期枠組み参加目指す
2009/04/20 10:33 【共同通信】
 【ワシントン19日共同】
「オバマ米政権は、ブッシュ前政権が離脱した地球温暖化防止のための京都議定書に復帰しない方針を最終的に決めた。議定書の対象期間終了が2012年末に迫っている上、批准承認権限を持つ上院の支持が見込めないためで、13年以降の温暖化対策を定める後継の国際枠組み(ポスト京都)への参加を目指す。複数の国務省当局者が19日、明らかにした。・・・」

ということです。非常に残念なことですが、8年間の行動のない期間(ブッシュ政権の期間)があれば、どれほど対策を採ろうとも、以前の目標を達成することはできない以上、当然の判断といわざるを得ません。

が、米国の問題は、「京都議定書の枠組みに問題があった」という主張に理があるのではなく、国内の説得に失敗をした過去を引きずっている、申し訳ないと言ってもらわなければ困ります。

今後どこかで公式に発言をする際の要注目点でしょう。
[PR]
by togura04 | 2009-04-21 07:48 | 米国の動向
 AWGLCA5/AWGKP7 ドイツ・ボン(2009年3月29日~4月8日)会合が終わったようです。

気候ネットワークの発行している会議場通信Kikoより
http://www.kikonet.org/theme/archive/kokusai/AWG5_7/KikoAWG5_7-No1.pdf

http://www.kikonet.org/theme/archive/kokusai/AWG5_7/KikoAWG5_7-No2.pdf

4/17日追記:WWFJapanの解説が掲載されています。
2009年 国連気候変動ボン会議の報告


毎日:地球温暖化対策:先進国目標、持ち越し 途上国との溝埋まらず--国連作業部会が閉幕
http://mainichi.jp/select/science/news/20090409dde007040055000c.html
 ”各国は12月の気候変動枠組み条約締約国会議での合意に向け、協議を加速させるため、8月と11月に追加会合を開くことを決めた。”とのことです。

 ”海面上昇で水没が懸念されるツバルなどが「先進国全体で20年までに排出量を90年比で45%削減すべきだ」と主張し、その目標を文書に盛り込むよう要請した。一度は草案に盛り込まれたが、先進国が反発。最終文書に数値が盛り込まれず、「関係国から提示された情報に留意する」との表現で落ち着いた。”とのことで残念です。

日本政府代表団による概要と評価
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/kiko/awg_lca5_kp7.html

日経新聞社説 米復帰で着地探る排出削減(4/12)
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20090411AS1K1000510042009.html
[PR]
by togura04 | 2009-04-09 18:28 | コペンCOP15/CMP5
「地球温暖化の中期目標に関する意見交換会」
が全国5箇所で開催されます。

 経産省HP掲載の
地球温暖化の中期目標に関する意見交換会について
http://www.meti.go.jp/press/20090407008/20090407008.html
より転記しておきます。
---
 政府は、本年6月までに地球温暖化の中期目標(我が国の 2020 年の温室効果ガス排出量についての削減目標)を決定することとしており、3 月 27 日にその選択肢を公表したところです。
(その公表したのはここのことでしょう。)

 この中期目標は、
① その実現には政府・企業・国民の幅広い努力が必要となること、
② 我が国の社会経済に大きな影響を与えるものであること、
から、国民的な議論を十分に経た上で決定することが必要です。
そこで、直接、国民の皆様の意見を聴くための意見交換会を、以下のとおり全国5か所で開催することといたしましたので、お知らせいたします。

【開催地】
東京、大阪、名古屋、札幌、福岡(各1回ずつ開催)
(以下、最下部に移動)
---

 拙ブログのStupid George Walkerとして主張したいことは、(何度もむだなパブコメを書きましたが)ピークオイル時代を迎えた(orもうピークを過ぎた)今日、従来どおりのビジネス、なりゆきシナリオなどというのはもはやない、ということです。

To Leaders attending G8 Summit
http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/stopglobalwarming/14373.html
経産省手抜き試算でG8サミットの足を引っ張る
http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/stopglobalwarming/13502.html
あなたにとってのキョウトの宿題がパブコメ2件になっています
http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/stopglobalwarming/12314.html

 どなたか、各会場でこのことを読み上げ紹介するという奇特なボランティアをしていただける方はいらっしゃいませんでしょうか?

More
[PR]
by togura04 | 2009-04-08 03:18 | 国内方針
 先の検討状況の発表から1月後の3月27日のこと、

首相官邸の中期目標検討委員会のとりまとめに際し、
環境NGOが一斉に批判


という形で反応するような進捗状況となっています。

 まあ、増加目標を提案するというのは国辱もの、恥ずかしい限りで、準備会合における国際交渉の場でも、日本の提案は非難されています。

 以下、新聞記事より。

More
[PR]
by togura04 | 2009-04-04 20:49 | 国内方針