地球温暖化の国際交渉をフォローしたいところです


by togura04

<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

f0203461_2511195.jpg

オーマイガッ!
350ppmが新たな地球温暖化の最終防衛線である、とパチャウリIPCC議長が個人的見解ながらも認めちゃいました。

350.org:BREAKING: Top UN Scientist Endorses 350!
http://www.350.org/rajendra

"As chairman of the Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) I cannot take a position because we do not make recommendations," said Rajendra Pachauri when asked if he supported calls to keep atmospheric carbon dioxide concentrations below 350 parts per million (ppm).

"But as a human being I am fully supportive of that goal. What is happening, and what is likely to happen, convinces me that the world must be really ambitious and very determined at moving toward a 350 target."


元記事はこちら。
AFP:Top UN climate scientist backs ambitious CO2 cuts
http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5hacayDuUcngLmhNkplHB5VtG5GNw
あんさん、アンビシャスなんて表現で足りるもんですかい。

 IPCCの最新の科学的知見(第四次レポートAR4)を時代遅れだと防衛ラインを動かされてしまったら、コペンハーゲンCOP15はぐちゃぐちゃになりそうですが・・・。

 一部の科学者および一部の途上国から、安定な気候のためには350ppm大気中濃度目標が必要であると提案されていることを重く受け止めるなら、いわゆる「低炭素社会」を実現することでは不十分です。
 これまでの増加傾向をオーバーシュートさせて現在の387ppmから過去の350ppm大気中濃度に戻すためには、可及的速やかにすべての国が「カーボンニュートラル国家」とそれを超えた「カーボンマイナス国家」を目指す削減対策を進める必要があります。

「カーボンニュートラル国家」≒日本の場合なら排出量の97%?削減、可及的速やかに≒2020年目標ですからねえ。

 パチャウリ氏にとっては、ガリレオが「それでも地球は回っている」と発言したのと同様な発言だったのかもしれません。よーゆうたなー。

参考:
 あんまり活発に書き込みはしていませんが、mixiのコミュ「350ppm」へお出でください。

 あるいは、ブログ右端中央のタグクラウド(単語集)の中から、350.orgのタグをクリックして過去記事をお読みください。
[PR]
by togura04 | 2009-08-26 02:27 | 枠組みの解説
気候ネットワークメルマガより転載。

●未来を選べ!衆議院選挙候補者&政党エコチェック発表
 5日、MAKE the RULEキャンペーンは「未来を選べ!衆議院選挙候補者&政党エコチェック」をWEBにて発表した。7月上旬に全ての衆議院選挙候補予定者に対してアンケートを行い、2020年の中期目標に対する考え方や炭素税、キャップ&トレード型排出量取引の導入や、原子力発電の是非などについて質問。この回答を元に、有権者が自分の選挙区の候補者の地球温暖化対策に関する方針が一目でわかるように表示している。また同時に、各政党から発表されたマニフェストを地球温暖化対策の視点で評価したペーパーも発表した。なお、発表後も、回答があった候補者分について随時更新を行っている。
(問合せ:MAKE the RULEキャンペーン事務局 TEL:03-3263-9210)
URL:http://www.maketherule.jp/dr5/eco-check

 ということでお探しください。
[PR]
by togura04 | 2009-08-19 00:41 | 国内方針
 まあ、今一冊だけ鳩山由紀夫さんに贈れるなら、この本にするところかもしれませんね~。

書評:『世界の地球温暖化対策』~再生可能エネルギーと排出量取引~
学芸出版社
ISBN978-4-7615-1258-3
¥1900プラス税
浅岡美恵 編著
新澤秀則、千葉恒久、和田重太 著
気候ネットワーク、日本環境法律家連盟 協力

 環境NGOの気候ネットワークの代表、浅岡美恵さん編著によるこの本、第一部ではドイツ、英国など各国の温暖化政策を、国際交渉の進展と並列して指摘することで、日本における該当政策の換骨奪胎プロセスを批判した、歴史学にもつながる構成です。第四部の「日本はブレークスルーできるか」を示すことが目的で作った本だといえるでしょう。

 ただ、残念ながらコペンハーゲンCOP15で直面している政治課題には対応しているとは言いがたく、南北間対立を始めとするポスト京都交渉の難問への答えにはなっていないのが困り物ですが、日本自身にとっては他の先進国の後追いで果たすべき山積みな宿題群が明確にされています。これからは後追いで走るしかないランナーの立場におかれてしまいましたからね~。
 来たる民主党政権が、かくも長き足踏みの原因となった経産省官僚の抵抗をはね返して、本当の意味での温暖化対策の第一歩を踏み出せるようにするための応援メッセージであり、べからず集でもあります。

・足りないところ
 本来は、2℃気温安定化目標とそれをどう排出削減公約に翻訳するのか、についての環境NGOとしての明確化させる指摘が要るはずだとは思います。なくてもいいのかな~?

More
[PR]
by togura04 | 2009-08-17 13:22 | 国内方針

ルードヴィッヒの嘆き

 ボンで昨日14日まで、準備会合が行われていました。

ECOの最終号のコラムより全文紹介。
"Ludwig is astonished at the extraordinary extent of progress made here. In fact, his joy was so great, he had intended to devote a whole column to a list of what the many hundreds of highly-paid government delegates had achieved this week, in their noble mission to protect the future of the planet. Unfortunately, try as he might, Ludwig was unable to find the first item.
Just as well really that this is the first week of a three-week session."
「ルードヴィッヒは、ここでの進展の範囲に驚かされた。実際あまりに喜んだため、このコラムすべてを、何百人もの、この星を救わんとする崇高な使命を帯びた高給取りの政府交渉団が勝ち得た今週の交渉の成果リストで埋め尽くそうとしたのだ。残念なことに、ルードヴィッヒは最初の1項目を書き上げることすらできなかった。これが3週間のセッションの第1週目のことであればよかったのにねえ。」

 ルードヴィッヒとは、ボン会合のEcoには必ず出てくる架空のNGOウォッチャーです。まあ、風刺のための主人公なわけですが。


ENB(地球交渉速報)の8月ボン会合のページはこちら。
[PR]
by togura04 | 2009-08-15 10:09 | コペンCOP15/CMP5
 英ガーディアン紙がまとめたもの。
 コペンハーゲン COP15の妥結内容に関しての、環境NGOs、開発NGOsが求める目標の一覧表記事がありました。
What should we be asking world leaders to agree to in Copenhagen?
http://www.guardian.co.uk/environment/table/2009/aug/05/climate-change-ngo-copenhagen

 英語のままですが並べ替えておきます。 初見のNGOもありますがぁ、リンクも原文についています。

●Carbon tradingについて
350.org: A treaty that is strong, equitable and grounded in the latest science. There needs to be a high price on carbon and the treaty must ensure poor countries have a chance to develop

Friends of the Earth: Rich countries should not be allowed to buy any of their reductions abroad

UN Seal the Deal: An efficient institutional mechanism should be set up for dispersing these funds and an equitable, accountable governance structure

●CO2 reduction削減目標について
350.org: Reduce atmospheric concentrations of CO2 to 350 parts per million

ActionAid: Rich countries need to adopt 2020 targets of more than 40% emissions reductions against 1990 levels

Christian Aid: The UK must reduce its own emissions by 80% by 2050

Friends of the Earth: Rich countries must commit to cuts of 40% by 2020

Tearfund: Developed countries must reduce their emissions by at least 40% by 2020 (from 1990 levels) The vast majority of emission cuts should be made in the country where they were emitted rather than by offsetting

UN Seal the Deal: Developed countries must reduce their greenhouse gas emissions and limit the growth of their emissions

WWF: The EU should commit to a 45% reduction in emissions by 2020 from 1990 levels, with at least three-quarters of these cuts made domestically

●International politicsについて
Avaaz: World leaders must tackle climate change now, decisively and together. They must start working toward a new global agreement and set binding global targets for emissions to avert catastrophic climate change

Christian Aid: Get Gordon Brown and Barack Obama to attend the talks
in December

Global Climate Campaign: The long-industrialised countries that have emitted the most greenhouse gas must take responsibility for climate change mitigation by immediately reducing their own emissions as well as investing in clean energy in the developing world

Greenpeace International: World leaders to attend the meeting in person, agree to mandatory cuts in emissions for the developed world of 40% by 2020 and invest £84bn a year in developing countries so they can shift to a low-carbon economy, end deforestation and adapt to climate change impacts

Operation Noah: The British government should lead negotiations for a cut in global power sector emissions of at least one-third by 2020, as a move towards zero emissions from this sector by 2030

Oxfam: Asking Gordon Brown to attend the talks in Copenhagen and lead the push for a deal

tcktcktck: World leaders must be called upon to sign an ambitious, fair and binding climate deal in Copenhagen

●Fundingについて
ActionAid: Rich countries need to commit to finding £106bn a year to tackle climate change in developing countries

WWF:  The EU should provide its fair share of the total climate protection costs, currently estimated to be at least £30bn of the £93.4bn needed annually by 2020

●Developing worldについて
Cafod: Poor countries shouldn’t pay the price for climate change

Christian Aid:Rich countries should pay poorer countries to protect themselves from impacts of climate change

Friends of the Earth: Rich countries must provide additional money for developing countries to grow in a clean way, and to cope with the floods, droughts and famines caused by climate change

Oxfam: The UK must pay its fair share of adaptation costs in poor countries - Oxfam estimates this as £1.56bn per year (and get Europe to commit to £9.44bn a year)

Stop Climate Chaos: Resources must be provided to help the most vulnerable people

Tearfund: Developed countries must provide at least £30bn a year of finance to help poor people adapt to the changing climate

UN Seal the Deal: A framework must be established that will bolster the climate resilience of vulnerable countries and protect lives and livelihoods, Developing countries should receive financial support to limit the growth of their emissions
[PR]
by togura04 | 2009-08-13 13:05 | 枠組みの解説